古田武彦著作集 へ
古田武彦 歴史の探究


古田武彦 歴史の探究3

現代を読み解く歴史観

ミネルヴァ書房

古田武彦[著]
古田武彦と古代史を研究する会[編]

特別掲載 「論理の導くところ」 -- 新しいシリーズに寄せて

始めの数字は、目次です。「編集にあたって」は下にあります。

【頁】【目 次】
i はしがき 古田武彦

001 第一篇 現代を読み解く歴史観

 003 国家の選挙
 010 角川文庫
 017 立花隆 -- 「鳥越憲三郎」説
 027 松本健一 -- 「日の丸・君が代」論
 036 大前和秀氏と原子爆弾
 048 ケンブリッジ
 055 訃報 -- 平野・藤田氏
 064 原田夏子さん
 075 「いじめ」の真相
 082 「いじめ」の運命
 089 本音の教育論
 097 教育立国論  -- すべての政治家に告ぐ
 107 科研と土建
 114 手術のあと
 119 時代の真相
 127 軍事汚染
 135 「西松建設」事件
 146 真の「天の声」
 153 沖縄問題の本質  -- 新国防論
 157 「沖縄よ」
 165 日本戦略
 179 歴史への提言
 192 自殺論
 200 冤罪論
 207 吉本隆明の証言
 216 黒澤明の発見  -- 「白痴」
 223 坂本龍馬の夢

 231 第二篇 明治の陰謀

 233 「万世一系」の史料批判
 237 日本思想史学批判  -- 「万世一系」論と現代メディア
 245 万世一系論と近現代教育

 253 第三篇 永遠平和のために

 255 日本批判
 282 日本車(にほんしゃ・和訓ひのもとぐるま)
 294 尺寸せきすんの地を我に与えよ  -- 「ヒロシマ」の記念塔
 305 原水爆論  -- ヒロシマ・ナガサキはアウシュヴィッツである
 309 なぜ政治に関心がないか  -- 原発全廃論をめぐって
 317 国破れて原発残る
 328 人間の道理  -- 「生球」論

 337 編集にあたって  -- 古田武彦と古代史を研究する会・平松健

  1〜9 人名・事項・地名索引

__________________________________________________________________________________________________________

古田武彦・歴史の探究3

 現代を読み解く歴史観
_______________

2013年 4月30日 初版第1刷発行

 著 者 古 田 武 彦

 発行者 杉 田 敬 三

 印刷社 江 戸 宏 介

 発行所 株式会社 ミネルヴァ書房

_________________

© 古田武彦, 2013    共同印刷工業・兼文堂

ISBN978-4-623-06494-6

   Printed in Japan


はしがき

 明治維新以来、日本国民の脳裏を呪縛してきた一語がある。「万世一系」この四文字である。
 大日本帝国憲法(いわゆる明治憲法)の第一章天皇の第一条に「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」とあるのは“出色の文面”として周知だけれど、明治以来、大正・昭和を通じて、節目(ふしめ)をなす詔勅(開戦の詔勅等)には、必ずこの一語が用いられてきた。
 さすがに、昭和二十一年十一月三日に成立した日本国憲法(いわゆる新憲法)には、この四文字は出現してはいないけれど、その中核をなす「象徴」としての天皇のポジションの背後に、同じく右の「万世一系」の後光が「黙約」のように存在したこと、到底疑いえないであろう。
 しかし、この四文字が果して日本の歴史の真相を突いているか、と問われれば、遺憾ながら、明白に「否(ノウ)」の一語を以て答える他はないのである。
 その証跡は少なくない。すでに『俾弥呼ひみか』(日本評伝選、ミネルヴァ書房)において詳説したところだけれど、その要点を個条書きすれば、
 第一、日本書紀の武烈紀で武烈天皇の悪逆を数多く羅列しているのは、その武烈以前の王朝と現在(八世紀)の王朝との「断絶」を強調する以外の何者でもない。すなわち継体以後の新王朝との「非、一系」の明示である。それが日本書紀成立時の元明天皇の王朝との落差である。
 第二、記紀を通じて一貫してきた「二倍年暦」が、古事記の継体記から突如「一倍年暦」へと激変していること、「時」表現の一変である。
 第三、古事記本文の叙述者は、同じ古事記上巻末の「五百八十歳」という「襲名系図」に対する認識がない。
 第四、真の断絶は「七〇一」であり、それは「評と郡」の転換点となっている。その九州から関東に至る「評督群」の上部単位の「都督」は「筑紫都督府」である。
 以上、いずれを見ても、「万世一系」とは程遠いのが史料事実である。
 以上の矛盾を決定的とするのは「日出ず(づ)る処の天子云々」の「名文句」が、隋書では(妻子をもつ)男性の多利思北孤(たりしほこ)を以て女性の推古天皇と「同一人」とせざるをえない。この一点に尽きる。
 この絶対矛盾を大前提として、明治維新から現在に至る「学界の定説」や「教科書」や「大メディア」の叙述がすべて支配されている。
 これと共通の論理構造をもつもの、それは「原水爆」と「原発」問題だ。その害毒は数十万年以上、この地球を害しつづけることが知られている。けれども、それを「知らぬ」げにして、政治家や経済人や学者たちの多くが、これらの「肯定」、そして「維持」を“現実的”と称しているのである。各宗教の権威者たちも、これらに対して決定的な「否(ノウ)」を表示することがない。人間の思惟や行動のすべてを「支配」し、「領導」すべき役割を放棄しているのである。
 従来の宗教的創始者たちは、「原水爆」や「原発」の存在を知らなかった。それゆえ、釈迦も、孔子も、イエスも、マホメットも、これについて「直言」することがなかったのである。それらの宗教はもはや「賞味期限がすぎた」のである。それゆえ、それらの宗教の後継者たちは、このテーマに対する「明白な回答」を発しない。すなわち、政治や経済や教育等の各界の人々の「空気」に“こびて”いるのである。すなわち、「人類の未来に対する敵」と化しているのである。
 一大矛盾を抱きつつ、「宗教」を名乗ることは許されない。

   平成二十四年十一月三十日
                        古田武彦


編集にあたって

古田武彦と古代史を研究する会 編集担当 平松健

 第一巻や第二巻を読まれた方には、古田武彦先生は、まさに「知の巨人」であるというイメージを持って頂いたと思いますが、文字通り、古今東西を問わず、歴史、政治、宗教、哲学、文学に到るまで、くまなく研究している大思想家であると言って過言ではないと思います。
 第三巻は今までと若干趣を変え、主として現代のテーマに的を絞りました。「温故知新」という言葉がありますが、これは過去を正確に知り、理解してこそ、現代を知り、論じることができるということだと私は理解しています。古田先生は、故きを温ね、極めておられるからこそ、新しい問題を的確に把握し、我々の行くべき道を、指し示しておられます。本書では、現代をときめく評論家よりも、はるかに説得力のある思想を読み取って頂けると思います。逆に、現在において説得性があること自体、過去の問題に対しても古田説が正しいということを意味するものだと思います。
 古田先生は、言ってみれば、現在のソクラテスであり、ガリレオだと思います。しかし残念にしてソクラテスもガリレオも当時の世間には受け入れられませんでした。ガリレオの地動説が、その当時、中には正しいと思っていた人がいたにしても、結局いろいろのしがらみから、否定されたと同じように、古田説が正しいと思いながら、いろいろのしがらみから、古田説が「なかった」ことにされている現在の姿は、大いに共通するところがあります。誠に憂うべきことです。
 古田説が無視される最大の要因は、「邪馬壹国=博多湾岸」ということではありません。その段階では、まだ世の学者は自説を曲げず、メシを食っていけます。最大の要因は七〇一年までは「九州王朝」が日本の支配者であったということです。これを認めると、日本のほとんどの学者の、今まで営々と築いてきた自分の地位が崩れ去ることになります。これは容易なことではありません。学者のみならず、その家族が路頭に迷えば、学者は、古田説を無視するしかないのです。
 もう一つ古田説が無視される要因に「東日流外三郡誌つがるそとさんぐんし」があります。これは和田喜八郎による偽書であるのに、それを真書とするような古田説は根本から間違っているという説に通じます。二〇〇六年十一月十日の「寛政原本」の発見により、偽書説は完全に否定されました。にもかかわらず学界は完全にそれを無視しています。要するに偽書説のままでおれば、同時に古田説の否定にもなるから、自分たちの旧来の説は肯定されるという、全くの打算からです。
 およそ、学者の世界ほど学問的でない所はないと言えましょう。弟子が師の説を否定すると、永久に師にはなれません。これは歴史学・考古学のみならずほとんどの学界でそうです。最も進んでいるはずの原子力の分野でさえそうです(本巻三〇九ぺージ以下参照)。そんなところに本当に学問の進歩があるでしょうか。
 学問といえば、我々の生活に直結しているものに国語学があります。これも、ミネルヴァ書房の岩崎さんから教えて頂いた件ですが、感歎の「歎」という字が、辞書によって違うということです。そう言われてよく調べてみると、愛用している『広辞苑』でも『漢字源』でも「歎」の「偏」の頭が「くさかんむり( 草冠)」になっています。「感嘆」の「嘆」の旁(つくり)の方です。もう一方で、これも愛用している『学研漢和大辞典』や『辞林』ではちゃんと「歎」となっています。
 若干の僻みかもしれませんが、私にはどうも岩波書店(『広辞苑』発行元)の驕りのように思えて仕方がありません。岩波文庫の『魏志倭人伝他三伝』には「会稽東治」を「会稽東冶」に書き換え、隋書「イ妥国伝」を「倭国伝」に書き換え、同じ倭国伝の中の「多利思北孤」は「多利思比孤」に書き換えております。『日本古典文学大系 古事記祝詞』では、原典では「弟」とあるものを「矛」と直しています。恐ろしいのはそれがあたかも原典にあるかのようになってしまうことです。岩波書店や編集者が勝手に漢字を変えると、通常の読者は原典にもそうあると取ってしまうのです。
 古田説の構築の基礎に、原典を勝手にいじらないということがあります。代表的な例が「壹」と「臺」です。すべての版本に「邪馬壹国」とあるものを、これでは「やまと」と読めない、「邪馬臺国」の誤りだとして、勝手に訂正するのが通常です。しかし古田説の手法は、原典にある「壹」や「臺」のすべて、文字通り「すべて」の用例を摘出して、検討を加えることです。そうすると、勝手に訂正することが誤りであることが分かります。しかしそうなると、従来説の否定になるので、学者は、古田説を「シカト」することになります。
古田先生が常に言われるのは、孔子の「朝に道を聞けば、夕べに死すとも可なり」です。同時に「過てば則ち改むるに憚ること勿かれ」です。世の中のすべての学者が堂々と意見を変える、そうすると、皆が、かえってその学者を信頼する、そういうような世界が一日も早く来ることを期待しております。


「論理の導くところ」 -- 新しいシリーズに寄せて

 青年の日、わたしは聞いた。「論理の導くところへ行こうではないか。たとえそれがいかなるところに到ろうとも。」と。この一言がわたしの生涯を決定した。
 ところは、広島。あの原爆投下の前、一九四三年(昭和十八)、皆実町の旧制広島高校の教室の中である。
 岡田甫(はじめ)先生はこの一言を、黒板一杯に大きく書かれた。そしてコツコツと生徒の席の間をゆっくりと歩いてゆき、わたしたちに問いかけた。「この中で、一番大事なところはどこか、分るかい。」みんな、沈黙していた。先生は、その沈黙を見定めるようにして言葉を継がれた。「たとえそれがいかなるところに到ろうとも、だよ。」と。そのときは、もとの教壇へ帰っていた。その黒板の最後には、「ソクラテス」と書かれている。
 後日、調べてみたけれど、プラトン全集には、直接このままの表現はなかった。先生が全集の中の師弟の対話篇の中から、その真髄を趣意された。まとめたのである。それはどこか。もちろん、あの『ソクラテスの弁明』だ。わたしの生涯の、無上の愛読書である。
 だから、一冊の本から「抜き書き」して引用したのではない。己がいのちを懸けて、真実を未来の人類に向けて静かに語りかけて、ためらうことなく死刑の判決を受け入れて死んでいった、そのソクラテスの精神を、右の一言として表現したのであった。
 やがて広島を襲った、一九四五年の原爆も、この一言から脱れることはできなかった。誰が投下したのか。誰が被害を受けたのか。彼等が人類の悠大な歴史の中で下される、真実の審判は何か。ソクラテスはすでにそれを見通していた。未来の人類に警告したのだ。
 それはわたしの生涯をも決定した。学問のありかたをハッキリとしめしたのである。いかなる地上の権力も、「時」の前では空しいのである。それは倫理(「道義」と改称)の一時間の教育、忘れることができない。
      二〇一三年一月
                    古田武彦


古田武彦著作集

ホームページへ


新古代学の扉 インターネット事務局 E-mailはここから

Created & Maintaince by“ Yukio Yokota“