案内論文古田史学会報闘論古田武彦著作集九州王朝雑誌案内電子書籍Video講演資料編リンク
新・古代学  / 古代に真実を求めて  / 市民の古代  / なかった

古田史学論集 第九集

古代に真実を求めて

古田史学の会 編

明石書店

2006.3.31発行

003 ◎巻頭言 会員論集・第九集発刊に当たって 水野孝夫
◎1特別掲載
009  [講演記録]「釈迦三尊」はなかった 古田武彦
「釈迦三尊」はなかった(付◆調査成果の意義について 斑鳩町教育委員会 若草伽藍西方の調査)二大八島国と出雲三筑紫都督府と評督四沈黙の論理ーー銅鐸王朝(拘奴国)

060 [講演及び対談記録]古今和歌集 古田武彦
主催・杉田誠三氏の挨拶/[第一部 対談]古田武彦が語る古代史/[第二部]君が代前(ぜん)1歌のはじまり“あなにえや えおとこを”/2『古事記』の「淡路之穂之狭別」/3『古今和歌集』の「古(いにしえ)」の歌4九州年号と神籠石山城/5枕詞について/6古代日本語の甲類・乙類について/7日本書紀の倭(夜摩台 ヤマト)は、筑紫である/8藤原京はなかった

◎2研究論文
 [ミレニアム記念特別寄稿]
123 「両京制」の成立ーー九州王朝の都域と年号論 古田武彦
140 高良山の「古系図」 ーー「九州王朝の天子」との関連をめぐって 古田武彦
153 東北(青森県を中心とした)弥生稲作は朝鮮半島東北部・ロシア沿海から伝わった
  ーー封印された早生品種と和田家文書の真実 佐々木広堂
一何を明らかにするのか/二青森県の弥生時代の稲は「早生品種」であった/三西日本弥生稲作に「早生品種」は存在しなかった ーー佐藤洋一郎氏の仮説への挑戦/東北弥生稲作は大陸東北部より渡来した/五 「早生品種」 のルート起点は中国遼東半島大嘴子遺跡である/六大嘴子遺跡から東北(青森県を中心とした)へのルート ーー沿海州南部・吉林東部・威鏡北道は、水田耕作が可能だった/七東日本弥生社会の三地域の特徴/沿日本海の人の移動について/山形県三崎山遺跡の青銅刀の所有者の子孫が、周に暢草を献じた倭人である/まとめ

187 「上・下」「前・後」の地名考——地名にみる多元的古代の証明 合田洋一
一 「上・下」の郡・郷地名/二「上・下」「前・後」の国名/三国名ではないが「前・後」の付いた地名/むすび

217 「継体紀」の秘密 ーー記紀を貫徹する一元史観成立の真因 飯田満麿
236 北部九州の弥生王墓 ーー「神武東征」の時期を探る 伊東義彰
    (「神武が来た道」に記載)
250 倭地および邪馬壹国の探求(6) ーー「更立男王」は直前男王であった 佐藤廣行
269 『古事記』序文の壬申大乱 古賀達也
参考 古田史学会報No.69 2005年 8月 8日

279 阿漕的仮説ーーさまよえる倭姫 水野孝夫

◎3付 録ーー会則/原稿募集要項/他
288 古田史学の会・会則
290 「古田史学の会」全国世話人・地域の会 名簿
294 第十集投稿募集要項/古田史学会 会員募集
295 編集後記